海外デオドラントのおすすめ紹介!※日本製で満足できない人は要必見!

デトランスα

海外デオドラントって日本の商品より効果があるの?

口コミで海外デオドラントは肌荒れしたりかゆくなるってあったけど本当?

ワキガに一番効くデオドラントが欲しい!

 

このような疑問やご要望をお持ちではありませんか?

 

上記の意見を持つ方がいるのも決して無理はありません。

というのも、最近海外デオドラントの宣伝が増えてきたために興味を持つ方も増えてきたという時代背景があります。

実は海外デオドラントは現在では雑誌やメディア等で頻繁に紹介され、ひそかに人気がグングンと上がり始めているんです。

でも海外デオドラントは日本製の商品ではないため、安全面効果に関して不安を抱えている方が多いのが現状です。

 

そこでこの記事では、海外デオドラントには一体どんな特徴があるのか、日本製のデオドラントとの違いなどを説明し、海外デオドラントの中で今最もおすすめできる商品を紹介します!

海外デオドラントに興味のある方今まで日本製の制汗剤やデオドラントで満足できなかった人はぜひ参考にしてみてください♪

 

 

海外デオドラントの特徴!

まずは海外デオドラントの特徴について紹介します!

圧倒的な制汗作用

海外デオドラントの特徴として最も魅力的なものとして圧倒的な制汗作用が挙げられます!

海外の人は日本人に比べてワキガである人の割合が多いんです。そしてとにかく汗っかきな人が多いです。

特に夏場なんかに海外の人が集団で汗だくになっている姿を見かけたことはありませんか?

ヨーロッパでは約90%の人がワキガ体質を占める国もあるぐらいなのでビックリ。

ちなみに日本人のワキガ体質の人は約15%ぐらいです。

 

 

そんな体臭の強い国で開発されたのが海外デオドラントなのでもちろん制汗作用も強力になるわけです。

現代では食文化の欧米化もあり、日本人でも海外の人のように体臭の強い体質になりやすくなってきています。

 

ロールオンタイプ

海外デオドラントはロールオンタイプの商品が多いです。

ロールオンタイプのデオドラントは先端にあるボールを転がしながら直接肌につけて直塗りできるのがポイントです!

ロールオンタイプだと手に出して塗る必要がないのでまず手間がかからないですね。

 

また、チューブ式のものやスプレー式のものだと最後まで使い切るのができなくてもどかしく思ったりしますが、ロールオンタイプであれば最後の最後まで使い切れるスッキリ感があります♪

ボールを転がせばその分液体が出てきてしまうのでついつい使いすぎてしまうのには注意が必要ですが…

 

 

海外デオドラントVS日本製のデオドラント

海外デオドラントの特徴がわかりました。

では日本製との違いはどこにあるのでしょうか?

解説させていただきます♪

 

有効成分

海外デオドラントと日本製のデオドラントの大きな違いは有効成分です!

ひとことで体臭対策やワキガ対策と言っても有効成分が違えば対策のアプローチ法も異なってきます。

 

例えば、海外デオドラントの有効成分として有名なのは塩化アルミニウムです!

塩化アルミニウムには汗が出てくる汗腺にフタをする働きがあるのですが、これまた威力が強力でして脇の下などの汗を止めたいという部分にひと塗りするとピタッと汗が止まるんです。

この塩化アルミニウムは日本製のデオドラントにはほとんど使われることがなくて、皮膚科の多汗症治療薬としてじゃないと処方されないような有効成分なんです。

 

また、この塩化アルミニウムの配合濃度の使用許可量が日本の場合より海外のほうが多いんです。

だから、その分海外デオドラントの威力は強くなるのも当然で、海外デオドラントのほうが日本製のデオドラントよりも効き目があるのは本当です!

 

でもここで、配合濃度の使用許可量などという言葉を聞くと…

 

海外デオドラントの安全性は大丈夫なのか心配になりませんか?

 

もちろん安全性についてはきちんと実験実証済みで認められています。中には海外のクリニックドクターが世界に向けて使用を推奨している商品もあるほどです。

ですが、海外の人と日本人では肌の強さが異なりますので、海外デオドラントを使うとかゆみが出てきてしまう日本人が一定数いるのも事実です。

よく口コミサイトなどで海外デオドラントを使ってかゆみが出たと書かれているのも嘘ではなくて、肌の弱い敏感肌の人であれば海外デオドラントが体質的に合わない可能性もあります。

 

 

一方、日本製のデオドラントの有効成分にはパラフェノールスルホン酸亜鉛イソプロピルメチルフェノールといったものが制汗作用や殺菌作用があるとして使用されています。

これらの有効成分は肌に対して低刺激であり、敏感肌の方にも使えるような配慮が施されています。ですが、効き目の強さは海外デオドラントに負けます。

ちなみに日本製のデオドラントだとデオシークが口コミでの評価が最も高いです。

 

値段

海外デオドラントと日本製のデオドラントの違いは値段にも現れます。

はっきり言うと、海外デオドラントのほうが日本製のデオドラントに比べて明らかに安いです!

デオドラントを選ぶ基準のひとつとして、購入を継続できる値段かどうかというのは案外大切でして、デオドラントというのは基本的に毎日使うものなので値段は当然安いほうが良いですよね?

私は人気の高い海外デオドラントも日本製のデオドラントも両方使ったことがあるのですが、やはり日本製のデオドラントは値段が高いなと感じました。

※日本製のデオドラントの平均価格は1個で約5000円

 

 

ちなみに、市販のデオドラントはもっと安いですが、効果はイマイチなものが多いのでおすすめしません。どうせ買うならしっかりと効果のあるデオドラントを使ったほうが良いです。

私は高校生の頃にワキガにひどく悩んでいて市販の商品をいくつも試しましたが、正直納得のいく効果が得られる商品はありませんでした。

 

 

まとめ

海外デオドラントは体臭対策やワキガ対策に日本製のデオドラントに比べて効果的であり値段も安いが、敏感肌の人にはかゆみなどの肌トラブルが起きる可能性がある!

というのがこの記事のまとめになります!

 

基本的には海外デオドラントのほうが日本製のデオドラントよりも総合的に優れていると私は実際に使った経験からそう感じます。

 

 

そして、かゆみなどの肌トラブルに関しては実際に使ってみないとわからないというのが現状だと思います。

そこで、私がおすすめする海外デオドラントはデトランスαデオエースという商品です!

両方ともロールオンタイプです。

デトランスαは完全に脇用のデオドラントでワキガ対策にはもってこいの商品です。

そして、デオエースは全身の体臭対策に使えるデオドラントとなっています。

どちらも特に制汗作用と消臭作用に優れており、特に日本製のデオドラントに満足できなかった人には試す価値のある商品です。

 

 

私の経験上、この2つのデオドラントを比較すると、デトランスαのほうがデオエースより効果の威力が強いです。

でもその分デトランスαのほうがかゆみが出やすいです。

※私はデトランスαを問題なく使えました。

デオエースはそんなデトランスαの対抗商品として登場し、効果は若干薄れるけどかゆみなどの肌トラブルが出ないように工夫されています。しかも脇だけでなく全身に使うことができます。

 

ただ…

これらの商品を別々に購入して使うのは少し気が引けませんか?

 

 

そんな方のために公式サイトでは現在(2019年3月)デトランスαとデオエースの両方を同時に試せる期間限定のキャンペーンを行っているんです。

しかもデトランスαとデオエースはどちらも別々に購入するとそれぞれ1個2900円するのですが、この期間限定のキャンペーンだと2つ合わせて2900円なんです。

まず、通販サイトの日本製のデオドラントの場合だとこの値段で買える商品はないですし、控えめに言ってもかなりお得だと思います。

 

 

海外デオドラントを初めて使う方には不安もあるかとは思いますが、ぜひお試しください♪

また、海外デオドラントを代表するデトランスαデオエースの2つを使い比べて効果を実感してみてください!

 

最後までご精読ありがとうございました。

error: Content is protected !!